わ行
■ナラタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
キシメジ科・ナラタケ属Armillaria mellea subsp. nipponica
 キノコ狩りの感動をこのキノコで知る人は多い。どうしてかといえば、先ずはその収穫量だろう。春から秋、広葉樹たまに針葉樹の枯れ木上に発生する。その名のとおりコナラ、ミズナラなどの木株上にこのんで群生する。ときに余りの群生に採る事さえ忘れて、呆然としてたちすくんでしまう。ボリボリ、モダシ、オリミキ、サワフタギ、サモタシ、ナラブサ、ナラモタシ、日本各地でたくさんの名前を特つナラタケは、いかに古くから多くの人たちに親しまれてきたか、おわかり頂けよう。シャキシャキした歯切れのよさ、独特な甘さと、なんともいえないぬめりをともなった舌ざわり、料理万能の指向性と良い事ずくめなのである。しかし若干、消化がよろしくないので食べ過ぎない様に注意していただきたい。傘の径は3〜12cm半球形からのちに丸山形さらに偏平に開く。淡黄褐色で中央部に細かい鱗片があり、放射状の条線がある。肉は白色、ヒダはやや密、白色からのちに褐色のシミを生じる。多少ヒダは垂生するものが多い。柄は4〜12cm、太さは径5〜10m、傘とほぼ同じ色だが下郎のほうは黒暗褐色、そしてここがナラタケの特徴であるが、上部に白い膜質のツバがある。ほとんど区別がつかないナラタケモドキにはこのツバがない。すき焼きやなべ物、豆腐汁、けんちん汁にするのが私は好きなのだが、いつも悩み事は保存法である。なにしろ収穫量が多く、味はなるだけ損ねたくはない。乾燥保存はかなり味は守れるのだが、歯切れはなくなる。塩漬けだと出し汁をすてる事になる、と悩んでみても結局このふたつにしてしまうのだが、最近ベストだと思うのは冷凍法である。ボイルして汁ごと冷凍してしまうのがグット!ただし量は限られるけど、ぜひおためしあれ**(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)
ナラタケはとくに和風料理は無敵!他の料理もレパートリーは広いタイプですが、あえて避けたほうが良い洋風料理はポタージュやピラフです。×【コンソメはバッチリ】中国料理チャーハンもイマイチ(>_<)焼き物もフィット性は弱いので避けましょう。×さすがのナラタケでも弱みはあるんですね(;_;)