わ行
■ナラタケモドキ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
キシメジ科・ナラタケ属Armillaria tabescens
 春から秋にかけて、里山や公園、いろいろな広葉樹の枯れ木、切り株上、埋もれ木などに群生。まるで雑草なみに収穫量が多すぎて、ベテランともなれば振り向いてもくれない?かわいそうすぎるキノコである。いやいやこれは半分冗談です。それほど採れすぎるという事は、便利でありがたいと言うべきでしょう!ナラタケモドキは名前のとおり、初心者には見分けがつかないほどナラタケに似ている。それではどこが違うかというと、先ずは柄をよく観察して頂きたい。上部にツバないのがモドキ、あればナラタケである。見た目にはモドキのほうが色黒、茶褐色のものが関東から西の平野部ではポピュラーだ。またナラタケモドキのほうが早く発生して、ナラタケは秋深まってからが本番といえよう。しかし深い山とか、雪の多いところでは例外もありそうだ。私の体験だが、東北のゴルフ場でなんどかナラタケとまったく同じ姿のモドキを見た事がある。そうなるとツバのみが決めてかもしれない。ところでナラタケの仲間には分類上もうひとつ、ヤチヒロヒダタケがある。東北地方では、この三種がかなり混同されていて、なおかついろいろな異名をもっているのだからややこしい。ナラタケモドキは、その歯ざわりにおいてナラタケにそうそん色はないが、だしはあまりでない。ということで安心して塩漬け保存しておける。傘の径3〜10cm、蜜色、褐色、淡黄褐色、中央部に小鱗片が密集。周辺は放射状の条線をあらわす。茎は長さ3〜10cm、繊維状で傘とほぼ同色だが下部は絡褐色を帯びる。ヒダはやや密、はじめ白色からのち淡褐色のシミを生じ、茎に垂生するものが多い。キノコの保存法としては、やはり塩漬けがポピュラーだが、味は残念ながら損なわれてしまう。しかしナラタケモドキは歯切れのよさが身上、この状態においてはどんなキノコにもそうそうひけをとらない。保存キノコ部門での大関か三役か?みなさんの番付、どうなるでしょうか。(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。) 
キノコ料理に限ったことではありませんが、料理のコツは素材の特長を生かしてあげることが最大のポイントでしょう。ナラタケモドキの特長はその歯触り!出汁はたいして期待できません(>_<)なので味噌汁,ポタージュ,コンソメ,はあいません×茶碗蒸しや炊き込み御飯,チャーハンも同様なので参考にしてください。保存法は塩漬けで、いつでもナラタケモドキの歯触りは楽しめますよ?(^O^)