わ行
■マントカラカサタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ハラタケ科 カラカサタケ属Macrolepiota sp.
 カラカサタケと混同されがちだがこちらは白色。それでなくとも目立つキノコなのに、さがすという話ではないのがマントカラカサタケといえよう。他の特徴としては大きなツバ、名前のようにマントみたいに垂れ下がっている。カラカサタケのツバとはかなり異なっているのでまちがえることはない。関東地方ではマントカラカサタケのほうが早くに登場するようだ。私の散歩コースには初夏にほとんど発生、初秋になるとカラカサタケが顔を出す。小さい竹がまじる雑木林、草地、などに好んで出るところはカラカサタケとおなじだが、両者が一緒に出ているところはまだ見たことはない。傘の径は8〜25cm、卵型からのちに開いて中高の平らとなる。白い綿状の地に茶褐色の鱗片があるがとれやすく、真ん中に残ることが多い。ヒダは白色で隔生、弾力性にとび握ってももとに戻る。茎は15〜30cm、薄茶褐色、中空で根本が大まる。繊維質で傘の重さで折れやすいので、傘持ちながら両手で採るようにしょう。料理法や保存法はカラカサタケと同じで良い。どんなキノコにもいえることだが、同定に自信があっても初めて食べるときは不安があるものだ。神経質な人はなんでもないのにお腹が変になったりするばあいがある。そんな方はとにかく少しづつ、試食するかんじで時間をかけて食べてみよう。次回からはそのキノコにすっかり自信がついてるでしょう。反対に好奇心のおう盛な人は、いきなりたくさん食べてしまったりするが、万が一ということもあるので注意するにこしたことはない。