わ行
■タマゴタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
テングタケ科テングタケ属(食)Amanita hemibapha
 傘の径6〜18cm、幼菌は白い膜に包まれて卵そのもの。やがてこの膜を破って赤橙色の傘が顔を出す。丸山型から平らに開き、赤〜紅色〜黄赤色、周辺部に放射状の溝線がある。ヒダは黄色でやや密、柄に離生。柄は10〜20cm、太さ径6〜25mm、表面は黄色〜橙黄色の地に帯赤色のだんだら状の斑紋があり、上部に橙黄色のツバ、根元に白色のツボがある。中空<夏〜秋、シイ、コナラ、ブナ、モミ等の林内に点々と、しばしば群生する。早いうちに発生し、秋の初めぐらいまでがピーク。この仲間は猛毒種が多いので要注意、傘面にイボはつけてないか、ヒダとツバが白くないかをチェックしよう。タマゴタケの亜種であるチャタマゴタケ、キタマゴタケ等、色ちがいの種もあるが、同定には細心の注意が必要である。近所の公園にこのタマゴタケが毎年のように群生するが、時々けとばされていて、誰ひとり採る人はいないようだ。あまりに美しく、派手な風貌のせいだろうか。ベニテングタケのイメージと混同するためか、ほとんどの人が毒キノコだと思っているようだ。私がタマゴタケを採る時はほとんど公園なので、当然多くの人達の目に止まり、「どうするんですか?」と何度も聞かれた事だろう。そのたびにこのキノコのすばらしさを説明してあげるのだが、今年も採る人はなかったようだ。しかしこのタマゴタケは一級品の食菌なのである。コクのあるダシはチャンピオンクラス、又傘のぬめりある舌ざわりは絶品と言って良い。汁物、鍋物、バターいため、甘酢あえ等が特に美味。ツボはまずいので取り除いで料理する。又、傷みが早いので手早く料理した方が良い。若いものの方が特に茎等はおいしいし、虫の心配もない、老菌はさけた方が懸命と言えよう。(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)
タマゴタケ酢の物料理