わ行
■ヒラタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ヒラタケ科 ヒラタケ属(食)Pleurotus ostreatus(jacq.:Fr,)Kummer
 傘の径5〜15cm、初めまんじゅう形から半円形〜扇形に開く。表面は初め黒〜灰青色から灰白色〜灰褐色になる。濃淡、色はタイプの変化があるが、いずれも色があせると白っぽくなる。
ヒダはやや密で白色〜灰色、柄に長く垂生。柄は長さ2〜7cm、太さは径1〜2cmで淡いオリーブ白色。柄のつき方は側生、中心生等変化があり、時にほとんど無柄のものもある。<春から秋、広葉樹の等倒木、切り株、立ち枯れ上に多数重なり合って発生、しばしば群生する。>縄文人も食べていたと言う説もある程昔から食用にされ、ワカイの呼び名で親しまれている優秀なキノコである。広く人工栽培され。「しめじ」の名で売られているのが実はこのキノコでもちろん本物のしめじとはかなりかけはなれたキノコである。「香りマツタケ味しめじ」と言われる程おいしいと思わない・・・・と言う話を時々耳にするが、全く別種のものでは当然と言えよう。しかしシメジとの比較はともかく、このヒラタケも天然のものは一級品の食菌で、香りも味も歯ざわりも、栽培品にくらべれば数段上である。料理は晩能で汁物煮物すき焼き、酢の物いため物天ぷら、何でもフィットするが、野生のヒラタケはぜひ炊き込みご飯、ホイル焼き(ホウバ味噌焼き)、ボイルして刺身風、等をおすすめしたい。武蔵野の面影を残すナラやクヌギの雑木林を散歩していると、時々ヒラタケの発生を見る。同じ枯れ木に何回も発生するので散歩するにも楽しみが湧く。収量も多く、身近にあり、どんな料理にもあい、美味しい、まさにいい事づくめの優秀なキノコだ。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)
追加
最近は家庭菜園が各地でブームですが、そのわりにキノコ栽培は低調なようです。なんとなく難しいイメージがあるのかもしれませんが‥実はかなりお手軽なのでぜひお試しください(^_^)v特にヒラタケは初心者向きといえましよう。それは本菌が木材を分解する力が強く、広葉樹はもとより針葉樹にさえキノコを発生させるたくましいタイプだからです!ホダ木に植菌【原木も菌も簡単に買えます】しておけばたいした手間暇かからないし『収量にこだわらなければ』意外にカンタンですよ? さてそもそもヒラタケのどこがポイントかと言いますと‥大きく成長したヒラタケを食べるために他なりません。「センボンシメジに似せるためか傘が十分開かないものを市場に出した」まるで味も食感も違いますよ!傘の径10センチまでならそのまま豪快に塩.胡椒しながら炒め、マヨネーズをかけてどうぞ!!美味しいですよ〜キノコ飯はヒラタケを手でさいて、油あげ・人参・鶏肉と炒め、醤油・酒で味つけします。米は出汁に醤油と酒で炊き上げ、炊き上がる寸前に先に炒めた具を入れて蒸します。盛り付ける際にインゲンや紅しょうがを添えると良いでしょう(^w^)
年3、4回発生を繰り返し、5年以上も楽しめますよo(^-^)o