わ行
カバイロツルタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
テングタケ科 テングタケ属(食)A.vaginata(Bull.:Fr.)Vitt,var,fulva(Schaeff)Grill
 
傘の径5〜10cm、初め鐘形から平らに開く。表面は明るい茶褐色(カバイロ)で、周辺部に放射状の条線がある。ヒダは白色でやや密、柄に離生。柄は7〜15cm、太さ径7〜15mm、傘より淡色の地にササクレをつける。根元にツボがあり中空。<夏〜秋、広葉樹〜針葉樹の林内に点々と発生する。>ツルタケの姉妹種で色がちがうぐらいで姿は似ている。味は本菌の方が良く、良いダシが出るが、歯触りはたよりない。汁物やすき焼き、又は脂肪質があう。近所の林でときどき採って来て食べるが三役どころのうま味を持つ。ただモロくてこわれやすく、遠方より持ち帰るキノコではない。又、この仲間には毒キノコの横綱毒ツルタケを初め、正体不明のものも多く、しっかり見分ける事が大切である。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)