わ行
■マイタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
タコウキン科 マイタケ属(食)Grifola frondosa(Dicks.:Fr.)S.F.Gray
 幅2〜5cmのへら形、扇形、いちょうの葉のような形の傘が多数重なり合って株を作って発生。下から見ると太い柄から無数に枝を分け、小枝の先に傘をつけているのがわかる。このような形をマイタケ形といい、コウモリタケ、カラスタケ等、似たような姿で発生するものが数種ある。株の径、15〜60cm、高さ10〜50cmで大型の株は5、6kg。傘の表面は初め灰色〜黒褐色、のちに退色して白っぽくなる。傘のウラ面は白く管孔状で柄に垂生、肉は白色。<秋、ブナ、ミズナラ、又はクリ等の大木、老木の根本に発生する。>野生のマイタケを発見したら、あまりの感動で舞い踊る・・・と言うところから舞タケと呼ばれた。その真実はともかく、横綱の中の横綱と言うにふさわしい、又幻のキノコと言うにふさわしい程、お目にかかれないキノコである事は確かである。栽培品の方は全国に出回り、逆に年中食する事が出来るが、野生のマイタケには味、香りとも遠く及ばない。友人が北海道の山中でキノコ狩りをしていて、背中にいっぱいのキノコを背負い、さあ帰ろうと言う時、巨大なマイタケの株を発見しすわり込んだと言う。そして背中のキノコをすべて捨ててしばらく眺め、おもむろに持ち帰った話を何度も聞かされた。そうした友人は他にもいて、おかげでしばしば天然のマイタケを、様々なエピソードつきで頂く事がある。しかしいずれも深山での話ばかりで夢物語りに近い・・・がそれでは身近なキノコという本書の目的から遠くなってしまう。実は意外に身近なところにも幻のマイタケは発生すると言う実例があるのだ。子供の頃、村外れに神社があり、今で言う霊能者のような人が住んでいた。そこの庭先のクリの木にマイタケが出るのである。そんなたぐいの話を他にも聞いた事があって、心のすみではマイタケは深山のみ発生するとは限らない、という確信めいたものはあった。そんなある日、近所の雑木林で、しかも駅に真近い(間近い)わずかに残された小さな林の中に、幻のマイタケがあったのだ。以前人に連れられて山中で見た時のそれとは、ひとあじもふたあじもちがう感動があった事は言うまでもない。その日は10月4日、九月下旬〜十月上旬はマイタケの最も発生する時である。大きな夢を見て散策してみるのも楽しいものだ。まだ見ぬ恋人との出逢いを求めるように・・・・・
追加
 マイタケは香り,味,歯触りともに極めて素晴らしい『天然物』のですが料理もまた万能!!和風料理はもとより、洋風,中華風なんでもござれなので変わった料理方法を御紹介しましょう(^O^)まずはオニオングラタンスープ=マイタケを小さくカットして薄切りの玉ねぎとバターで炒め『玉ねぎがあめ色になるまで』ブイヨンを加えて煮こむ。調味料で味を整えて器にいれ、フランスパンの薄切りを浮かべチーズをふりかけてオーブンでやきます。竜田あげ=マイタケ,醤油,みりん,を合わせて漬け込んでおく。漬け汁を切ってからカタクリ粉をつけて高温の油で揚げます。マイタケ御飯=マイタケ,鶏肉,油揚げ,ごぼう『ささがき』を油で炒めながら、醤油,酒で下味をつけておきます。醤油と酒を入れて炊きあげた御飯にさきほどの具を入れて蒸らし、混ぜ合わせてください。【炊き上がったらすぐ火を止めて具を入れるのがポイント】もしも天然物のマイタケに出会えたら、先ずは土瓶蒸しでその味覚を堪能しましょう!!(*^o^*) マイタケ菌は雑菌に弱いため原木栽培ができませんでしたが、最近は原木を殺菌して完熟ホダ木が作られだしています。原木栽培はかなり難易度は高いのですが、チャレンジしてみたい方はキノコ種菌メーカーにお問い合わせください。