わ行
■キシメジ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
キシメジ科 キシメジ属(食)Tricholoma flavovirens(Fr.)Kundell et Nannf
 傘の径4〜10cm、初め丸山形からほぼ平らに開く。表面は黄色で中央は灰茶褐色を帯びてササクレが見られる。又、湿るとやや粘性がある。ヒダはレモン色で密、茎に湾生。茎の高さは5〜10cm、径1〜2cm、黄色。肉は白色。地上に点々と発生して、時おり群生する。各地で人気の高いキノコで、松林や松の混じる雑木林に多いようである。全身が黄色で分かりやすい事も人気の高い要因かも知れないが、やはり個性のある味がキシメジの特筆すべきポイントであろう。歯ざわりの良さもさる事ながらホロ苦さが何とも言えない旨みを引き立てる。食通には特にファンが多いキノコだが、この頃ではなかなか取るのは難しいようである。茨城の兄の家へ秋になると必ず数回はキノコ取りがてら遊びに行くのだが、昔程は取れなくなってしまった。開発による森林の減少も大きな要因だが、人気が高く最も最もターゲットにされる事も少なくなった理由であろう。幼菌の時からしらみつぶしに取ってしまうのはマナーとしては考えものである。釣りなどもそうだが、幼魚は放してやるゆとり、自然を守る心を持ちたいものである。
山菜で人気の高いタラの芽なども必ず芽を残して摘むと言った気配りがない為に枯れてしまう原因になっている。さて、キシメジの見つけ方であるが、目立つ色の割にこれが仲々見つけにくいのは、食べ頃に生長したものでも落葉に埋もれているものが多い為である。そこで大切な事は、必ず棒を持って行った方が良いと言う事である。これで盛り上がっている落葉をそっと取り除きながら歩いて見ると、キシメジの姿を発見しやすい。このように地上から落葉に隠れるように成長してくるキノコはかなり多いのである。