わ行
■チチタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科 チチタケ属(食)lactarius volemus Fr.
 
傘の径4〜12cm初め丸山形、開くと扁平からじょうご形となる。表面は帯黄褐色〜オレンジ褐色で微粉状。ヒダは密で白色、やがて淡黄色、直生か垂生する。茎は6〜10cm、径1〜2cm、表面は傘と同色。傷つくと白い乳液が多量分泌され、乾くと褐色のシミに変わる。この乳液にはわずかに渋味があるものや、多少甘いものもあるが、料理では気になる事はない。[夏〜秋、広葉樹林内の地上に点々と発生し、しばしば群生する。]こくのあるうま味は、汁物、鍋物にあう。又、脂肪質にも向くので、天ぷらやフライ、油いため等にするとよい。アカドヨウの呼び名もあるように、盛夏の時期に多く発生、栃木県では大変人気のあるキノコでチタケの呼び名で知られる。残念なのは口あたりが今ひとつ、弾力のない肉質のためかぼそぼそしていて、歯あたり、舌ざわりにやや欠ける点だ。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)
チチタケと茄子炒め
チチタケ&クロチチタケモドキのけんちん汁
チチタケとクロチチタケモドキの比較