わ行
■セノボンイタメガサ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
 キノコの名前はおよそ見た目の第一印象でつけたと思われるのだがその意味でひときわぴったりくるタイプがこのキノコ、センボンイチメガサである。なるほどイチメガサを思わせる形のキノコが千本もあろうかと思う程重なりあって発生する。一本一本は小型のキノコだがとにかく株になってどっさり発生するので手っ取り早く大収穫となるのもたまらない魅力といえよう。春から秋おもに広葉樹の切り株、倒木、埋もれ木上に群生、または束生。傘の径は2〜7センチ、丸山形から扁平に開き帯黄褐色で条線が周辺にある。肉はほぼ白色。ヒダはかなり密、淡黄色褐色、柄に直生または垂生する。柄は高さが3から7センチ、茎は太さ3〜5ミリ、繊維質で傘と同色、ササクレがある。猛毒キノコのコレラタケはこのササクレはない。味、匂いは温和で脂肪質、淡白、どちらにもむくが私はすき焼き、バター炒め、けんちん汁、味噌汁にする事が多い。公園等にもたびたび発生する身近なキノコですよ一
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)