わ行
■ノウタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ホコリタケ科ノウタケ属Calvatia craniiformis (Schw.) Fr.
 これもキノコなの?と云う種類はけっこうあるものだが雑草並みに発生する、身近にゲットできる、収穫量が多い等の理由でノウタケをあげないわけにはおれまい。外見的には人頭形で高さ、径とも10センチあまり、頭部と茎の2つからなり、頭部は扁球形、茶褐色で微細なビロード状の短毛と脳状のしわしわ脈のある皮に覆われている。中の肉は白くはんぺん状、胞子が熟すと汁を出し黄色褐色に変わって最後は古綿状になる。頭部が崩壊しても柄はのこるが肉の白いうちが食。異臭があるので熱とうボイルして皮をむいて料理しよう!バター炒め、すき焼き、酢の物、天ぷらなど料理の腕前次第ぜひあなたもチャレンジして見ませんか?
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)