わ行
■オニタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
オニタケ
右がニセオニタケ
見た目、区別つかず裏側で判断
ハラタケ科Lepiota acutesquamosa 
 キノコ狩りにも当然段階があり、初心者は赤、黄、紫とか鮮やかな色のキノコを警戒する。‥がそれらの派手な色彩のキノコには毒キノコは少く、まして猛毒種となると皆無に近い等の知識が備わってくると次にマークされそうなのがこのタイプ。名前もオニタケと怖そうだが傘には一面イボイボがあり厳つい風貌である。おそらく大半の人は口することはなかなか出来ないと思う。中級者から上級者クラスへレベルアップする壁といえるかもしれないキノコそのひとつがオニタケだ。とにかく一度食べてみよう!歯切れよく、くせもない万能タイプといっても過言でない。また虫の入りも少ないのでしたごしらえがらくなキノコだ。しかもわりあい群生することが多く中から上という大きさもありがたい。夏から秋、様々な林内や庭園の黒土上に発生、落ち葉を分解する。傘の径7〜12センチ表面は褐色でその上に暗褐色のイボイボがある。ヒダは白色で分枝し、かなり密。油炒め、バター炒め、クリームシチュー、天ぷらなどにはよくあう。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)