わ行
■スッポンタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
スッポンタケ科スッポンタケ属Phallus impudicus Pers
 この名前を聞けばどんなキノコなの?と思うことだろう。実際スッポンが首を伸ばしてる姿を思わせる奇妙なキノコなのだ。およそキノコとは思えないのがズルズル並ぶのがスッポンタケ科だがスッポンタケ属はそれなりに共通した形をしている。このスッポンタケに網目のレースのようなマントを着せたかんじのキノコが有名なキヌガサタケでスッポンタケ科のみならず【キノコの女王】と呼ばれる。中国ではツースンといって中華料理で珍重される。ともにスッポンの頭部にあたる傘部【鐘形】の表面には暗緑色の粘液化したグレバをつけ悪臭を放つ。料理のしたごしらえの際はこのグレバを洗い流し、ゆがいて水にさらしてから料理しよう。中華風のスープには良くあう。乾燥させていろいろな料理に使用するのが基本だ。このグレバの悪臭だが虫達は大好きなようで、良くスッポンタケの頭にくっついているのをみかけるが【たでくう虫も好きずき】というやつかなぁ 夏から秋に発生。幼菌は卵状で白色、径4〜6センチ。高さは10〜15センチ、太さは径2〜3センチ。白色円柱状で中空、頭部の傘は鐘形。暗緑色で網目状の隆起がある。甘辛煮、酢の物、酢味噌あえ、中華スープには良くあうのでためしていただきたい。