わ行
■キララタケ(写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ヒトヨタケ科ヒトヨタケ属Coprinus micaceus
 雲母様の細かな鱗粉でおおわれるところからこの名前がついたのだろう。小型のキノコで足の早いデリケートなキノコなのだが雑草並みにどこにでも発生し、ドッサリ群生することもしばしばある。ヒトヨタケ科ヒトヨタケ属のキノコはその名前の通り一夜で傘がとけてしまう短命なキノコといわれてるが実態はかなり固体差があり、けっこう長持ちすることもある。いずれにせよ傘うらが黒ずむまえに、傘が開ききるまえが食べ頃。幼菌をクリームシチューにするとグッド!オススメ料理ですよ。夏から秋広葉樹の切り株、埋もれ木上に群生。傘の径1〜4センチ、卵形からのち円錐形になり、表面は黄色褐色で雲母状の細かな鱗粉に覆われるがのち消失、全体に溝線がある。肉は淡黄色でヒダは密、白色からのち黒色になる。柄は高さ3〜8センチ、太さ径2〜8ミリ白色で中空。 脂肪質の料理があう。バター炒め、天ぷら、すき焼等にして良く友人達と酒の摘みにもしてるのだが‥実はこれはあまりオススメ出来ない。酒との相性は良くないらしく、中毒するとの話もあるので注意しながらためしていただきたい。個人差でいろいろ食べ物との相性はあるので最初は少しずつ試食したほうが良いでしょう。ちなみにヒトヨタケも酒との相性が悪いらしいが‥私や来客達の中では一度もそれらしい事はない。大量の酒とヒトヨタケ、キララタケをなんどか食べあわせているのにである。酒豪の方でこのキノコを摘みにした方の感想をぜひお聞かせいただきたいものである。