わ行
■コガネタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ハラタケ科コガネタケ属Phaeolepiota aurea
 まさに黄金色の群生に出くわせばただただ感動もの!しかもコガネタケの実力は三役どころといえよう。味噌汁、和え物、天ぷら、茶碗蒸し、鍋物、酢の物等和風料理。ピクルス、マリネ、オムレツ、ポタージュ等洋風料理。油炒め、あんかけ、餃子、シュウマイ等中華料理と何でもござれ!コガネタケの歯切れの良さはまさに絶品。ただし香りはかなり個性的で好みが別れるところ‥気になる場合は良く洗って下ごしらえをしましょう。夏から秋、雑木林、公園や庭先、路傍、草むら等に群生、散生する。傘の径5〜16センチ、丸山形から扁平に開き、黄金色で粉をまとう。ヒダは密、柄は高さ10〜20センチ、繊維肉質でツバがある。大型のキノコが群生して全身派手な黄金色ときては、もはやキノコ探しと言うより、でくわすという世界である。そんなコガネタケとの出会いがあるように私も常々おもいを熱くしてます。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)