わ行
■ウラベニガサ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ウラベニガサ科ウラベニガサ属Pluteaceae
 キノコ狩りにはいろいろなテクニックがあるが、〃キノコの個性にあわせて採集すべし〃というのがある。そうしたポイントの何がこのキノコに当てはまるかというと‥ウラベニガサの肉質にある。大変に軟らかい。したがって壊れやすいのだ。このようなデリケートなキノコは、その種オンリーにしておくと良い。できれば布袋がベストだが、ビニール袋でもOKキノコ狩りといえばタケカゴがポピュラーだが、木の葉をクッションにしてもウラベニガサは駄目。丁重にあつかいましょう!そしてこのキノコの特長は‥その名前の通りカサうらが紅なのだ。…というより肉色というべきだろう。さらにおもに広葉樹の切り株、倒木、シイタケのほだ木等に発生する。あまり群生はしないようだが、味匂いともに温和なので幅広い料理にむく。春から秋、広葉樹の切り株、枯れ枝等に発生する。傘の径は5〜10センチ、丸山形から平らに開く。傘の表面は黒灰褐色で放射状の繊維紋をあらわす。傘ウラのヒダは密、はじめ白色から薄いピンク【肉色】。茎は長さ5〜10センチほぼ白色、傘と同様の繊維紋がある。お吸い物から先ずはおためしあれ。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)