わ行
■キチチタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科チチタケ属Lactarius chrysorrheus
 キノコの同定は難しいものと、一目でそれとわかるタイプといろいろではあるが、キチチタケはわかりにくいがすぐわかるタイプだ。どういうこととおっしゃる声が聞こえてきそうですが‥そのわけをお話ししましょう!このキノコは写真ではなかなか見分けることは出来ませんが、手にとって傷つけてみてください。黄色い乳がたらりたらり‥こんなわかりやすい特長はそうないでしょう。いくら写真と見比べてもわからないが傷つければすぐわかる、それがキチチタケなのです〜次は味見してみましょう。辛い〜っ!そうその味が決め手デスヨ。このようにキノコの同定は見る、触る【乳の色や変色性チェック】、味見する、等いろいろな同定法があるのです。さてキチチタケはこの辛さがネックで、どう料理するか…工夫のしどころである。茹でこぼして強火で炒め、カレーをからめたり、ジックリ炒め煮等が無難な料理法だが、あなたならどうしますか?ポタ―ジュが無難かなー夏〜秋雑木林、松や広葉樹の林内に群生。傘の径5〜8センチ、表面は淡い肉色褐色、環紋があり、やや漏斗状に開く。湿るとやや粘性がある。
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)