わ行
■ニシキタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科ベニタケ属Russula aurea
 かなり派手な色彩でわかりやすいタイプだがマイナーなキノコである。どうプロデュースすれば良いのか‥つい弱気になりそう(*_*)派手な色彩とはいうものの、茹でたら消えるし、食感はと言われても特別良くないし、群生するタイプでもないし…もしかしたら凄い薬効成分でもあればなあーと思うのだが‥そのような話もない。どうしてあなたはニシキタケなのほんと〃闇夜に錦を着て行くがごとし〃かなって思ってしまう!肉質はもろく、ダシを特別持ってるキノコではないから、先ずは茹でてから料理しよう。通常は脂肪質があうのだが、私もサッパリ系は試みてない。なんとも名前負けしないように、支えてやりたいキノコではある。いまのところ外観先行というべきか‥ 夏から秋、広葉樹林、雑木林、松やナラの林内に発生。傘の径5〜10センチ、黄橙色、黄赤色、赤色とかなり変化にとんで派手な色彩。湿ると粘性があり、周辺に粒状線をあらわす。ヒダは密で離生、白色のち淡い黄色。茎は長さ5〜10センチ、白色に黄色を帯びる。無味無臭なので使い勝手は良い。肉質もろく!歯触りもボソボソしているのでどう料理するか、とりあえず脂肪質があうので天ぷら、バター炒めに、マヨネーズ焼きはオススメ(タノ料理)
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)