わ行
■カワリハツ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科ベニタケ属Russula cyanoxantha (Schaeff.) Fr.
 まさに七変化!これがおなじキノコなの?と思うほど色彩の変化に戸惑ってしまう。紫色系が多いがかなり変化があり、ピンク系もあるが濃淡の固体差があり、白色系もある。これって何かに似てません?そうです、紫陽花ですね!あの色合いをおもいうかべて頂くとわかりやすいでしょう。しかしカワリハツは色は違っても形は一定したキノコなので、なれると色に惑わされる事はない。そしてこの仲間ではトップクラスの実力者でもある。型も大型になるし、旨味を十分持ってるキノコだ。しかもそのわりに知られてないので、たぶんキノコ狩りのときにはそうかち合うことはないだろう。カワリハツはジックリ煮込むことによって、旨味が引き出されるキノコなのだ。この個性を十分踏まえて料理しよう!ポタ―ジュ、ピラフにグラタン、オムレツ等の洋風料理はすこぶるフイットしますよカロリーが心配な場合は、ホイル焼き味噌焼きたれ焼き塩焼きと焼き物がグッド。中華風、和風にも十分対応出来るキノコですよ〜
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)