わ行
■シロハツ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科ベニタケ属Russulaハdelica
 この仲間はかなりまぎらわしい。ツチカブり、シロハツモドキ等、いずれも白色で形も良く似ている。だが決定的な特長がシロハツの同定をしてくれるだろう。それが緑変性で、傷つくと緑色になるのだ。ハツタケも緑変性がハッキリ出るが、シロハツは白色だけに一目瞭然でそれとわかる。写真と見比べる必要もないといって過言でない。夏から秋、広葉樹林、松やナラの混生林に群生、列生する。傘の径5〜15センチ、丸山形から扁平、漏斗形に開く。白色から、黄クリ―ム褐色を帯びるようになる。ヒダは密で白色、茎に垂生。茎は高さ3〜6センチ、太さ2センチ前後、白色で上部は鮮やかな青色を帯びる。味匂いとも温和。弾力が弱いので歯触りはイマイチだが、大変ダシが素晴らしい。したがってお吸い物や鍋物に良い。またザクスカ、ピクルス、ポタ―ジュにもフイットしますよ〜
(料理法保存方法は多野亮先生のご指導を得ています。)