わ行
コイイロクサウラベニタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
イッポンシメジ科イッポンシメジ属
 毒キノコチャンピオンというか、東の横綱というか、私的には総合的No.1 毒キノコとして本菌を上げたい。何故なら、かなりキノコの同定に慣れた人でさえもわかりにくいのが、このコイイロクサウラベニタケなのである。クサウラベニタケにくらべ、大型で肉質もしまり気味、傘は黒みがかって傘ウラは紅色【肉色、薄いピンク色】まるでウラベニホテイシメジそっくり!もちろんウラベニホテイシメジは大型でまさるが、キノコはとにかく固体差がある。前者の大型と後者の小型を見たら、ほとんど判別つかないだろう。【ウラベニガサも混同しやすいが切り株上に発生する】また若いときは傘ウラが白色で、ハタケシメジに間違えやすい。残念ながら決定的な同定の決め手はなく、場数踏んで見る目を養うしかないのである。おまけに本菌は各種の文献にとりあげられてないようだ。良くキノコシ―ズンになると、天然キノコ直売の店が出て、それを【たいていウラベニホテイシメジに混じる】買って来て中毒した例が多いのが本菌と思われる。なので自然キノコを買う場合でも、人にもらった場合でも十分注意しましょう。ツキヨタケも混同しやすいが、コイイロクサウラベニタケはより身近なキノコだけに、重ね重ね注意を怠らないよう呼び掛けたたい。秋、広葉樹林内や雑木林に群生、列生する。傘の径5〜10センチ、はじめ丸山形から中高の扁平に開く。表面はネズミ色、黒褐色だが繊維紋はない。肉は白色、ヒダはやや密で白色から肉色になり、茎に湾生。茎は高さ5〜10センチ、太さ径1センチ前後。白色で根元がふとまる。十分に警戒しましょう