わ行
■キイロイグチ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
イグチ科キイロイグチ属Pulveroboletus ravenelii
 とてもわかりやすいキノコでその名前の通り、全身黄色のイグチだ。イグチの仲間は大小様々だが、とにかく傘ウラがヒダでなく菅孔【スポンジ状】である。《キヒダタケは珍しくイグチ属で唯一ヒダだが‥》傘のウラを一目みればそれと同定出来るであろう。そしてほぼ毒を持つ者はない安全なグループ といって良い。【毒を持つイグチも発見されたらしいから注意は必要だが、強毒種はまだない】しかし毒はないというものの、本菌は苦味が強くてとても食べられない『茹でこぼしてから食べる話はあるが‥』歯切れや香りは良いので、苦味ぬきにチャレンジする価値はありそうだ!しかし食タケの利用価値はともかく、観賞的は十分なので黄色の美しい色彩をキ-プしたまま保存できたら‥などと思ってしまう。夏から秋、広葉樹、雑木林に発生【あまり群生はみてない】傘の径5〜10センチ、はじめ丸山形、のち扁平に開き、表面は黄色。肉は白色で少し黄色みを帯び、青変性がある。菅孔は黄色のち褐色となり、柄に離生または湾生。柄の高さは4〜10センチ、太さ1センチ前後で傘と同色。全体にレモン色の粉におおわれる。