わ行
■カワムラフウセンタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
フウセンタケ科フウセンタケ属Cortinarius purpurascens.
 私的にはとても好きなキノコだが、なかなか群生には出会うことない(ォ〜`)一度だけでも大群生にであいたいと常々思っている。あいきょうたっぷりの形といい、きれいな紫の色彩といい、とにかくキノコらしいキノコと表現しておこう!その上大変旨いのだ。そのコクのある出汁はシメジにもひけをとらない!幼菌はまるのまま料理すると、ひと味違う風味が広がる。【タマゴタケなども幼菌の天ぷらは格別!タレより天然岩塩がぜったいに良いですよ】夏から秋、広葉樹林に発生する。傘の径3〜15センチ、丸山形が多いが、開ききると扁平。表面は紫、中央部は褐色、湿ると粘性がある。ヒダは密、柄の高さは4〜12センチで根元がふとまり、傷つくと濃い紫色に変色する。まあほとんど一目で本菌はわかると思う。d(^O^)b今年こそフウチャンの群生に出会いたいア〜