わ行
■チャツムタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
フウセンタケ科チャツムタケ属Gymnopilus liquiritiae.
 食.毒不明の代表といって過言でないキノコ。それはまず、身近なところでふつうに発生すること、そして群生すること、大きさもてきとうなこと、肉質もよいこと、つまり大衆性十分なのである。なんどかチャレンジしたが‥味見レベルで試食したことはない。歯切れは良さそうだが、苦味があり、これがニガクリタケ【毒の苦味】につながるか?クロカワ【最高の旨味の苦味】の世界につながるのか。謎のままに、ここ数年チャツムタケに出会ってない。秋、松などの針葉樹の切り株、枯木、倒木に群生か束生。傘の径2〜6センチ、はじめ円錐形からほぼ扁平に開く。表面は帯黄褐色、橙褐色、肉も同色。ヒダは密で黄色、のち褐色となり柄に直生する。柄は高さ2〜5センチ、太さ3ミリ前後で中空、繊維状で褐色。もしもどなたかこのチャツムタケ、食べたことがあるという人がいたら‥ぜひお知らせください。