わ行
■トビチャチチタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ベニタケ科チチタケ属
 チチタケのグループはみかけでの判別はともかく、傷をつければ同定はしやすい。名前の通り乳がたらりたらりと出るのだ!この色がいろいろあってそれなりの名前がついたのだろうが‥この名前はいかがなものか?トビチャチチタケの乳は白色だが、空気に触れると紫色になるのだ。傘ウラなどに紫色のシミがあるかどうかが、本菌の同定のポイントのひとつ。ダシも食感もたいしたことなく、エモノが少ないときに季節感をあじわう程度のレベル。まだこのキノコの群生に出会った事はなく、ポツポツ発生してる場合が多いようだ。何か控え目なキノコである。弱い辛味苦味があるので、茹でこぼして油で炒めてから脂肪質料理に‥塩漬けしておけば保存、辛味ぬきにも良い。夏から秋、広葉樹林、雑木林にポツポツ発生【群生はまだみてない】傘の径4〜9センチ、はじめ丸山形からのち開いて扁平になり、中央部が窪む。表面は灰褐色、帯紫褐色で強い粘性がある。肉は白色、ヒダは密、白色からクリ-ム色で柄に垂生。柄は高さ3〜8センチ、太さ1センチ前後で白色、弱い粘性がある。何かアピールするとりえはないものか?研究中〜です!