わ行
■カノシタ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
カノシタ科カノシタ属Hydnum repandumL.: Fr.
 名人三役どころか、味わいは大関クラス。白色の舌というイメージからついた名前だろうか?傘ウラはおびただしい短い針があり、なにか動物のザラザラした舌のようだ。本菌に間違えるような毒種はなく、安全な食茸と言えよう。ボリューム感はないがこくのある味わい、そしてコリコリした歯触り、舌触りは独特の個性がある。夏から秋、広葉樹林、松ナラなどの混生林内に群生、散生する。傘の径2〜10センチ、不規則な円形で、はじめ丸山形から扁平に、または浅い漏斗状に開く。表面は卵黄色で肉は白色、傘ウラの針ははじめ白色からのちクリ-ム色、柄に垂生する。柄の高さ2〜7センチ、太さは1センチ前後、傘と同色。なお姉妹種としてシロカノシタがあるが、これは色の違いのみで、味や食感にはあまり違いはない。品格さえただようカノシタのお吸い物は絶句。洋風料理、中華料理、万能タイプだが、ホイル焼きやたれ焼きはこれまた抜群かも‥