わ行
■カニタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
アミガサタケ科カニタケ属
 人類の歴史は食の歴史でもある。先人達は数々の犠牲を払いながら、今日の食文化を築きあげてきたのだ。しかし私はふと思う‥過去のその時々の時代において、権力者達ならどうでも出来たのではないかと、例えばこのカニタケを見てるとそんな連想をしてしまう。あまりに奇妙なキノコ.いやキノコに見えないのではあるまいか…私が時の権力者なら例えば囚人とかに、『そちが食べてみよ!無事なら無罪にしてやろう』なんて簡単カニタケの正体がわかるのに‥などと思ってしまうのである。本菌は印象としては、酢の物があいそうだが、現実的にはみずからチャレンジするしかない。春から秋、庭園や庭先の地面に発生する。お椀形で不規則になみうち、シワ状、地面に張り付くかんじに散生。表面は茶褐色、径5〜15センチ、下面は白色、薄い黄土色。アミガサタケ科なのでアミガサタケなどと似た環境「庭園や各種林内」に発生、私の自宅内にも発生するので、身近なキノコである。これで役に立てばなぁ〜