わ行
■ホウキタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
ホウキタケ科ホウキタケ属Ramaria botrytis (Fr.) Ricken
 味の王様ホンシメジにひけをとらない!しかしその実力はそのわりにメジャーではない。それはシメジがスーパーなどで売られるようになり、その名前が広く知られたからだろう。もちろんそれらのシメジたちはすべて偽物だが‥【ヒラタケを最初シメジと表示、ついでブナシメジをホンシメジと表示】とにかく名前は認識された。もっとも味の面ではホンシメジを辱しめたと言えるが…次の原因はホウキタケと言う、いかにも安っぽい名前【命名された方にはお詫び申し上げます。風貌はその通りですが‥】横綱としての貫禄をだすならクジャクタケなんてどうでしょう。夏から秋、広葉樹や松の混じる混生林に群生、または点々と発生する。全体にサンゴ状で高さは10〜25センチ、横も同様サイズ。根元は太い円柱形、白色、先端は淡い紅色で美しいキノコである。ホウキタケの味、歯切れはぐんをぬき、しかもどんな料理にもむく。いずれも甲乙つけられないので、変わった一品を紹介しましょう!それは刺身、さっと熱湯をくぐらせて、ワサビ醤油でどうぞ