わ行
■ツルタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
テングタケ科テングタケ属Amanita vaginata (Bull. : Fr.) Vitt. var. vaginata
なんと言ってもこのグループは怖い(>_<)言うまでもなく、猛毒キノコ三羽烏がふくまれ、その他にもごろごろ毒種や不明種があるからだ。同定は慎重のうえ慎重に最大のチェックポイントはツルタケにはツバがない事、そして傘の周辺に条線がある事。【ツバは消失する場合もあるので良く確認を】テングタケ属はツバがあり、根元にツボがあり、そのうえ傘と茎が白色なら手を出さない事だ。ツルタケ.カバイロツルタケは【カバイロツルタケは姉妹種で色が茶褐色】北海道から沖縄までの広範囲に発生、味匂いとも温和で良いダシがでる。初夏から秋、針葉樹や広葉樹、公園内のチップ材など敷き詰めた歩道などに点々と発生する。傘の径5〜10センチ、鐘形からのち開いて扁平になり、表面は灰白色から灰色褐色、周辺に条線がある。肉は白色、ヒダは少々密で白色、柄に離生。柄は高さ8〜15センチ、太さ2センチ前後。白色、灰白色で根元にツボがあるがツバはない。ヘルシー系なら豆腐汁、ボリューム系ならフライ.天ぷらでいただきましょう