わ行
■ムキタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
キシメジ科ワサビタケ属Panellus serotinus (Fr.) Khner
 キノコ狩りで最も大変なキノコ番付の横綱といえばまずムキタケだろう?え〜っ(?_?)山奥にのみ発生するキノコのチャンピオンなのそれじゃ身近なキノコ、サンダル履きでもゲット出来るキノコ.というテーマからはずれてるのでは?という声も上がりそうですが…蘊蓄を広げる意味と.サンダル履きで山奥に行く事があるという事と.山奥から獲物がやってくる場合もある事.等々の理由で取りあげてみた。キノコ蘊蓄をいうのなら‥ムキタケを知らずして語れない。ボクシングならミドル級チャンピオンのようなものだゼラチン質タッチの独特の舌触りは、感動に値する?おもにブナに発生するので、イコール山奥となるが‥その山奥までハイウェイが出来て、ドライブに行く事が多くなったので出会いのチャンスは思いがけないときに訪れそう。【私は秘湯巡りが好きでよくドライブがてら旅行するが、そんなときに良くムキタケもゲットする】また山奥からやってくるというのは‥貯木場で群生してたりする事がけっこうあるのだ。なんにしてもチャンスを見逃さないためにも、ムキタケは覚えておこう秋、ブナなど広葉樹の倒木、切り株、などに重なりあって群生する。傘の径5〜15センチ、半円形で汚黄色。細かい毛があり、表皮はむけやすい。肉は白色、ヒダは密で黄白色から黄土色、柄に直生。柄は短く2センチ前後で側生、太さ2センチ前後、表面は黄褐色の細毛に覆われる。良く毒キノコのツキヨタケと間違って中毒する事が多く、しっかり同定しましょう!ポイントは割ってみて、シンに黒いシミがあればツキヨタケ【ツキヨタケは発光性があるが昼間は確認できない。猛毒ではないが旨いキノコなので食べ過ぎての死亡例もあるらしい】水分があるので、天ぷら.フライ.など揚げ物は向かない。他はほぼ万能、オススメは味噌焼き、熱湯をくぐらしてわさび醤油。
追加
 キノコに個体差はつきものだが、ほろ苦いものある。また時間がたったものはナイフなどでは皮をむきにくいので、指で剥ける程度でよい。けんちん汁やすき焼きは良くあう。ムキタケを軽く絞ってはじめから鍋に入れます。たっぷり出汁を吸い込ませてからいただきましょう◎付け焼きはやはり炭火がうまい!布巾で水気をとり、金網にのせて焼き、醤油と酒で作ったタレを数回つけて照り焼きにします。酒の肴にはピッタリですよ?\(^ー^)/野菜料理や煮込み料理にも相性抜群!洋風ピラフ、中華ではチャーハンはあいません××深山のキノコにしては栽培はやさしいので、ぜひ原木栽培にチャレンジしましょう!コナラ,ヤナギ,クルミなどの木【直径15?25センチくらいのホダギ】を6等分にきり、三分の一土に埋めて立てます。『短木栽培法』このやり方だと都市部の狭い庭でも十分ムキタケ栽培が楽しめますよ(^_^)v【植菌方法や種菌についてはキノコ種菌メーカーにお問い合わせして下さい】