わ行
■ベニナギナタタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
シロソウメンタケ科ナギナタタケ属Clavulinopsis miyabeana
 物騒な名前だが、わたし的には可憐な乙女を連想してしまう。ところがそんな儚げなスタイルに似ず、広葉樹林から海抜2000メートルの高山帯にまで発生するのだ!一目でそれとわかる本菌に、同定のポイントも必要ないだろう。味匂いとも温和だがボリューム感はない。雑炊、炊き込みご飯、酢の物、茶碗蒸し、スープ、ならフイット十分!ピクルスやホイル焼きもおつなものですよ〜夏から秋、広葉樹、針葉樹、または混生林内に群生か点々と発生する。高さ5〜15センチ、太さ3〜10ミリ、円柱状、または棒状、良く屈折する事も多い。