わ行
■サヤナギナタタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
シロソウメンタケ科シロソウメンタケ属Clavaria fumosa
 このグループは毒種類は聞いた事はない。紛らわしいものもあるが、キノコ狩り的には問題ない。とはいえ、同定の目を高めるためにも、観察力にはこだわりたいものである。学問的には胞子紋を見て同定するのだが‥なかなか顕微鏡をてに入れる事は難しい。【価格や倍率など、手頃なものはそうそうない】また、かなり根気が必要だ。またそこまでしっかり研究するなら、絵の心得も磨きをかけたい。そのテクニックのポイントはキノコのスケッチ、さらに胞子紋のスケッチも描きとめておくとよい。高さ5〜10センチ、広葉樹林、松林。混生林内に発生する。束生が多く、先端は尖っているかヘラっぽい。シロソウメンタケ科の料理はボリューム感を求めるのは無理、季節感を演出する工夫を大切に