わ行
■キヒダタケ写真をクリックすると写真が拡大されます)Photo by Hanagasa
イグチ科キヒダタケ属Phylloporus bellus.
 変わり種でこれがイグチのグループ?と思う事でしょう。イグチの仲間は傘ウラがスポンジ状のはず、なのにキヒダタケはヒダがある?本菌は日本産でただ一種で、キヒダタケ属を独立し、アワタケに近いらしい。しかも最近では毒もあるらしい‥という話もあるらしい。何かと謎めいたキノコなのである。わたし的には好んで食べてます〜以前、山形のゴルフ場で大群生に出会い、ゴルフはそっちのけで採った事があるが、この時カメラがなくいまでも心残りだ?初夏から秋、里山から奥山までの広い範囲の広葉樹林に群生、または点々と発生する。傘の径3〜10センチ、はじめ丸山形から扁平に開き、中央がくぼみ逆円錐形になる。表面はオリーブ褐色、灰色褐色など個体差があり、なめし皮タッチ。肉は白色か淡いピンクから淡黄色、ヒダはややあらく、黄色で柄に垂生する。柄は高さ3〜8センチ、太さ1センチ前後で根元が細まり、黄色から黄褐色、中実。バター炒めやすき焼きなど脂肪質があうが、クルミあえやゴマ酢あえも捨てがたい