■Vol.2阿久悠(作詞家)                       1997年7月15日(火)
 演歌にしても、これまでのような「どうせ」「さだめ」といったものが軸になるものは書くまいと考えてきました。それにしても、いま歌の言葉に力が無くなっている。
http://www.aqqq.co.jp/profile/profile.html

Copyright(C)2007 BLUESkY&AMATSUKAZE INC, All rights reserved